ベトナム人留学生向け 合同企業説明会が開催されました

平成21年11月14日(土)の午後、ベトナム進出中もしくは進出検討中の都内中小企業21社が合同企業説明会を行った。 当日は187人のベトナム人留学生が来場し、各企業ブースにて会社概要や求める人材等を真剣に聞いた。 学生と都内中小企業との今回の出会いが、両者の新たなスタートとなるだろう。 主催:(財)東京都中小企業振興公社・東京都                                                     …

Continue Readingベトナム人留学生向け 合同企業説明会が開催されました

TOP企業約30社が集結。年内最大の外国人留学生向け就職イベント!

 TOP企業内定への近道 ~お申込枠残りわずか! 12月12日(土)東京/12月19日(土)大阪にてそれぞれ開催!   対象者:2011年4月から新卒で就職される方 お申込ページ: http://www.topcareer.jp/2011/top/ 東京イベント 日  程:12月12日(土)時  間:13時-18時(12時半受付開始)会  場:東京国際フォーラム B5ホール参加企業:SONY、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、大和証券SMBCなど約30社入場無料・完全予約制 大阪イベント 日  程:12月19日(土)時  間:13時-18時(12時半受付開始)会  場:ハービスHALL参加企業:SONY、PANASONIC、京セラ、伊藤忠商事、丸紅など約15社入場無料・完全予約制 フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 TOP CAREER 2011 運営事務局 <TOP.CAREER@4th-valley.com>〒102-0083  東京都千代田区麹町5-3 麹町秋山ビルディング6FTEL: 03-3263-6847  FAX: 03-3263-6848

Continue ReadingTOP企業約30社が集結。年内最大の外国人留学生向け就職イベント!

ベトナムへの旅

ベトナムへの旅 チャリティコンサートとファッションショーのご案内 皆様には、日頃ベトナムについて深いご理解とご支援をくださいましてありがとうございます。 在日ベトナム学生青年協会(VYSA)では、この度、日越文化交流を深めるためにチャリティコンサートとファッションショーを開催することになりま した。ベトナムについて一層理解していただくために、ベトナム各地の名所旧跡の映像、音楽と服装を通して約2時間のプログラムで「ベトナ ムへの旅」をご案内致します。 なお、演奏の他にVYSA慈善基金の募金を行い、皆様の浄財を子どもたちの奨学金や災害援助活動資金として使わせていただきたく思いま す。 皆様ご存知のように、ベトナムでは日収が100円以下で暮らしている人々が人口の14%を占めています。田舎では、学校に行けない子どもや、中退す る子どもが決して珍しくありません。そうような子どもたちが、皆様の援助で学校に通い、将来に夢を持つことができます。更に、その夢が実現できる日が来た らどんなにすばらしいでしょう。 ご多忙とは存じますが、日本とベトナムと相互理解のための楽しい有意義なひとときになりますように、皆様のご来場を主催者一同心よりお待ち申上げま す。 日時:2009年12月12日 (土) 16:00-18:00 会場:六本木ヒルズ ハリウッドプラザ ハリウッドホール(5F) 東京都港区六本木6丁目4−1 http://www.hollywood.ac.jp/access/index.html 東京メトロ日比谷線「六本木駅」 1C出口直結 都営地下鉄大江戸線「六本木駅」 3番出口徒歩3分 入場料:無料 お問い合わせ先: betonamu.concert@gmail.com 主催:在日ベトナム学生青年協会 VYSA            社団法人ベトナム協会後援:駐日ベトナム社会主義共和国大使館 ハリウッド大学院大学専門学校 協…

Continue Readingベトナムへの旅

チャリティコンサート礼状

先日は、ご多忙中にもかかわらず、六本木ヒルズ ・ハリウッドプラザで開催されました「ベトナムへの旅」(チャリティーコンサートとファッションショー)にお越しいただきまして、ほんとうに有難うございました。心より御礼申し上げます。 ファッションショー、歌やトルンの演奏そしてベトナム紹介映像など2時間以上にもおよぶイベントを通して、皆様には、ベトナムへの関心を深め、より一層のご理解をいただけたことと思います。 当日、会場には450人以上もの方々にお集まりいただき、チャリティーコンサートでは皆様から温かいご支援をいただくことができました。ご寄付総額 は421,172円にのぼりましたことをご報告申し上げます。その内実費分を除いた全額を、ベトナム中部台風被災者への救援金と貧困家庭の子供への奨学金 として、有効に使わせていただくことをここにお約束いたします。皆様の温かいお志に対しまして、改めて感謝申し上げます。 皆様のご支援のおかげで、ベトナムにいる多くの人たち、特に恵まれない子供たちに、「希望の扉」が開かれようとしていることを大変うれしく思います。この「希望の扉」は彼らの未来へ繋がっていくことでしょう。 最後になりましたが、皆様のご健康とご多幸をお祈り申しあげます。そして近い将来、皆様にベトナムへの旅を実現していただける日が来ることを心より願っております。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 「ベトナムの旅」実行委員長  ファム・グェン・クイー 2009年12月17日 在 日ベトナム学生青年協会(VYSA)では、ベトナム中部台風被災者に向けて、今回のチャリティーコンサート以外にも銀行振込みによる募金を行っておりま す。義援金はVYSAの代表者により責任を持って被災者に届けられます。台風被災者は今なお大変な状況にあり、是非皆様のご支援をお願い申し上げる次第で す。援助活動の結果は、後日VYSAのホームページhttp://www.vysa.jp/ でご報告させていただきます。振込先みずほ銀行・国分寺支店普通預金口座・2972756ライ テイ フーン ニュン 銀 行振込み後、ご送金者のお名前・ご住所・ご所属先などを明記の上、VYSAの相互基金(tamlongvangvysa@gmail.com)mまでお知 らせください。VYSAの代表者からお礼のメールを送らせていただきます。また、ご送金者のお名前はご本人の許可を得てVYSAのホームページに掲載させ ていただきます。

Continue Readingチャリティコンサート礼状

外国人留学生就職プレゼンテーション大会 のお知らせ

このイベントによって外国人留学生が人事担当者に自己PRができるチャンスをお提供いたします。 主催:留学生就職支援SNS「JABOON」 日時:2010年2月16日(火) 13時~18時 場所:KFCホール 都営地下鉄大江戸線「両国駅」から徒歩1分 参加学生対象学年: 学部3年生 修士1年生 参加者数:外国人留学生40名限定(事前選考有) 参加特典:事前にプレゼン指導講座の受講が可能 参加料:大会参加料・講座受講料が無料 選考参加申込先:http://www.jaboon.com/ お問い合わせ先:日本データビジョン株式会社Jaboon事務局 Tel: 03-6821-8100 Email: jaboon@jdv.co.jp 今すぐJaboon登録へ 急げ

Continue Reading外国人留学生就職プレゼンテーション大会 のお知らせ

台風の被害者へのお金の寄贈

2010年1月23日、ベトナムの青年という新聞会社を通し、VYSAが去年の11月の台風の被害者の人々に援助のお金を授与した。 募金運動から収得した金額は7900万ベトナムドン(40万円に相当)である。その金額で185プレゼントに分けられ、人々に渡した。 PHU YEN県のDONGXUAN村が台風にもっともひどい被害が与えられたところである。そのために、今回ではDONGXUAN村の人々に中心として援助した。与えたのはほんの少しの金額であるが、被害者の人々にとって、とても助かったのである。貰ったお金で、お正月の準備に整え、人々が暖かい心で新年を迎えられるのであろう。 ところで、VYSAにいつも応援し、寄付を寄せた団体や方々に心からの感謝の気持ちを表させていただきたいと思う。これからもVYSAとご一緒、ベトナムと日本との掛け橋になろう。 Phi Hoa より

Continue Reading台風の被害者へのお金の寄贈

サッカー大会のVYSA CUP2010大成功

2010年5月22日(土)取手緑地運動公園でVYSA (在日ベトナム学生青年協会)が主催するVYSA Cupが成功に行われた。参加した10チームが午前9時から午後17まで積極的に競争しあったところ、NTVFCというチームが第一位を取得した。 2010年5月22日午前8時から、取手緑地運動公園は平日よりにぎやかだった。なぜかというと、VYSA Cup の準備で皆は早く来てくれたわけである。今回のVYSA Cup は10チームも参加してくれ、チームの数は前大会のVYSA Cupと比べて最も多かった。VYSAスポンサーではGA、JDVとAsian Netの3つがスポンサーがVYSA Cupの歴史の最も多いスポンサー数を登録した。スポンサーのお影で、今回VYSA Cupの賞もずいぶん変更された。第一位、第二位、第三位のチーム以外はスコアラー、仲裁に選んだ優秀な選手と活躍チームのファンの賞もあった。4人の日本人の仲裁も誘った結果、今回のVYSA Cupの競争性は高いようだった。 開会式 主催者・スポンサー・審判 優勝カップ 得点王カップ ベストサポーター賞 予想の通り、それぞれの試合はどれでも面白かった。8時間連続で10チームが競争し、8時間も休まず仲裁がステジアムを走り続けており、8時間一秒とまら ぬファンファンも熱心で応援した結果NTVFC(A表の第一チーム)とVNFFC(B表の第一チーム)が決勝に進み、MISATO(A表の第二チーム)と Dong Du FC(B表の第二チーム)が第三賞の試合に進んだ。しかし、大変驚いたことに、最後二つの試合、両方とも0-0だった。結局、ペナルティで勝負が決められ たのである。 競争している シュートしよう!!!! 嬉しく楽しくVYSA Cup 午後4時半、NTVFCはペナルティで勝ち、VYSA Cup2010のチャピオンズになった。NVFFCとMISATO、それぞれは第二、第三賞だった。スコアラーはNguyen…

Continue Readingサッカー大会のVYSA CUP2010大成功

ベトナムの伝統的な民謡「クアン・ホ・バック・ニン」

「ベトナムの文化というと、一番印象に残る代表的なものは何だろうか」。この質問をされたら、ほとんどの人はアオザイの伝統的な衣装や、有名なフォーなどを挙げるだろう。というのは、ベトナムの伝統的な音楽を代表的な文化の例として挙げる人はやはり少ないが、ベトナム文化における重要な役割を果たしている昔から伝わってきた音楽の役割を否定できない。今回ベトナムの伝統的な音楽として見られるバック・ニン省のクアン・ホについて紹介したいと思う。 ベトナムの伝統的な音楽と言っても、幅広く、中にはいろいろな種類があるが、ハノイのすぐ隣にあるバックニン省の民謡が一番有名だと言っても過言ではあない。ベトナム語で言う「クアン・ホ」とは民謡の意味を指し、由来はベトナムの北部にあるバックニン地方だと考えられている。「クアン・ホ・バックニン」と呼ばれるのもそのためである。 バックニンのクアン・ホは17世紀に生まれ、ほとんどは恋愛についての和やかなメロデイーを持っている歌である。歌の内容によって、歌う人は男性か女性に限ることもあるが、歌の人称を変えることによって、同じ歌でも男女を問わず歌えることもある。しかし、「クアン・ホ・バック・ニン」の一番面白いところは、男性と女性の二人組みで一緒に歌う歌が多いということだ。有名ですからこそ、「クアン・ホ・バックニン」は全国の舞台で演奏されていることが多いが、もともと、バックニン出身の若い男女は互いに気持ちを伝え合うためにこのような歌を借りたそうだ。また、バックニンのクアン・ホを歌う際の服装についても、厳しい規制があるということである。即ち、これは昔から伝わってきた伝統的な歌なので、歌う人も伝統的な服装を着なければならない。その伝統的な服装は「アオ・トゥ・タン」(4枚から構成される服)というもので、「アオ・トゥ・タン」と地味な傘とベトナム伝統的な帽子を揃えるセットはバック・ニンのクアン・ホを歌う際に必要な服装である。 「アオ・トゥ・タン、傘と伝統的な帽子」 「アオ・トゥ・タン」 ボートで演奏する 上述のように、バックニン地方の民謡はベトナム人にとって非常に人気がある。バックニン省のクアン・ホは和やかなメロディーを持つことが第一の理由だと考えられる。最近、ロックやポップなどの現代に伴う新しい音楽の種類も続々現れて来たが、バックニンのクアン・ホとは全然違うイメージだ。それぞれは、とうしても海外からベトナムに流入してきたもので、ベトナム独自の特殊のある音楽を代表するものにはなれない。ベトナム人の若者の中では、新しいポップとロックなどが好きな人が多いが、バック・ニンのクアン・ホを聞くと、心が和むと感じるというような人も少なくない。特に、新年の時に、ベトナム全国にわたり、あちらこちらで祭りが行われているが、その中でも、バックニン省での祭りが一番多くの人を引くことができると言える。祭りのときに、バック・ニン出身の人はもちろん、他の地方からの人々もバック・ニンに押し寄せに集まってきて、バックニンの民謡の演奏に参加したり、聞いたりして、楽しむ。クアン・ホの内容も日常生活に身近なものなので、歌う人は必ずしも歌手のような演奏を求められるわけでもないので、演奏の形式は非常に面白くて、型苦しい雰囲気を観客に与えない上に、観客に一緒に参加してもらいやすい面もある。 “Moi trau”という歌はその典型的な例として挙げよう。この歌を歌いながら、歌う人は観客にキンマ(昔の人はキンマを食べて、歯を黒く染めるとのこと)を差して、「どうぞお召し上がり」と誘う。すると、観客に好感を与えられ、更に応援してもらえる。 ベトナムのキンマ 「どうぞお召し上がり」 毎年1月ごろになると、バックニンでは「ホイ・リム」(Hoi lim) という祭りが行われる。「ホイ・リム」はバックニン省の民謡を愛している人が集合する場となる。バックニンのクアン・ホを楽しむために、、 「ホイ・リム」に足を運ぶ人がは数万人をも超えている。 ホイ・リン ホイ・リンにおけるバックニーンのクアン・ホの演奏 現在、ベトナムの政府と国民は、「クアン・ホ・バックニン」が世界文化遺産になるようユネスコと議論しているところだそうだ。バックニンのクアン・ホはただ音楽の一つの種類だけでなく、ベトナムの伝統的な文化を象徴するものでもある。 筆者は、ベトナムのこの文化を世界に知ってもらいたいという熱望を持っており、ベトナムに来るチャンスがある方にはバックニンのクアンホをお勧めしたいと思っている。 Nguyen Thi Ngoc Anh

Continue Readingベトナムの伝統的な民謡「クアン・ホ・バック・ニン」

ハロン湾へようこそ


皆さん、ベトナムのハロン湾という観光地を聞いたことがありますか?

きっとハロンという地名はどういう意味を持つのか考えるのでしょう。ハロン湾の「ハ」は降りる、「ロン」は龍という意味で、つまり、ハロン湾というのは龍が天から降りて海の中で遊んでいるところです。まさに、地名のとおり、この海の無数の島々が絶妙に配置してこの絶景を仕上げたのです。

ハノイから車で3~4時間ぐらいの距離にあるハロン湾は水墨画に出てくるような島々が点在する観光地として有名です。1994年に世界遺産に指定されまし た。

(more…)

Continue Readingハロン湾へようこそ

『6月の交流会』

6月は、暑さも感じまして、やっと夏に入りましたね。どこかに蝉の声が聞こえてきました。雨の日の中に私たちは「6月の交流会」に集合してきました。本日NASICホールで、みんなの笑顔はいつもより輝いているように見えます。今回のゲスト3人は、長い間日本に暮らし、勉強や仕事の豊富な経験を持っている先輩方々が勉強方法から精神的な生活まで多くのことを共有してくれました。学生の皆さんは役に立つ多くのことを発見した。母国に離れて、どうやって孤独な生活をなくせるのか?どうやって日本人と友達になれるのか?大学を卒業後、進学すべきか、就職すべきか?留学生を支援する国際団体等?誰か個人だけの質問でもないことはすべて3人の先輩が熱狂的に答えてくれました。 VYSAの文化部により、ロマンチックな「恋愛の雨」、熱烈な「カントー女性」、大人しい「フォン寺へ行く」という歌やカラフルな踊りをもたらしました。 ゲームやカラオケは参加した人を笑わせながら動きもたくさんありました。楽しいゲームに参加することによって、人と人の距離や恥ずかしさをなくして、みんなの興奮感も上がりました。その後、カラオケを通して、かわいいなグループまたは二人の演技を見せてくれました。 また、盲目の山口さんやファムヴァンソンさんが他の盲目者を日本で働けるように生活を支援する希望を持っているという話を聞いてホールにいる皆さんは非常に感動しました。彼らの意志ややさしい心は今回の交流会の強調として、皆さんの心を暖めて、一人一人に多くの思考を残しました。 学生の皆さんにとって、人生は常に新しいチャンスをもたらします。知らない人と出会って、身近くなって、こういう出会いより私たちは一つのコミュニティで、そこで我々は常に愛され、共有されるから、個々は孤独にならないと理解しました。 また来年6月もお会いしましょう。 ベトナム語の「6月の交流会」はここでご覧ください。 Nguyen Minh Hang

Continue Reading『6月の交流会』

ベトナム人留学生による原子力発電所見学会

主催: VYSA在日ベトナム学生青年協会 後援:  協力 社団法人 ベトナム協会 近年、ベトナムが高い経済成長率を達成したと共にエネルギーの需要も日々高まっています。その対応策として、原子力発電建設計画を進め、第一期工事(原発2基)をロシア国営企業ロスアトムに発注する方針を発表しました。 原子力発電所を建設する計画は、国内だけではなく、海外で住んでいるのベトナム人にも関心をもたらしています。ベトナムの若者が原子力発電についてより理解するために在日本ベトナム学生青年協会(VYSA)は、下記の通り原子力発電所見学会を開催することにいたしました。つきましては、是非ご支援ご協力をお願い申し上げます。ベトナムスケッチで情報を掲載していただきました:Link 記 1 日時  平成22年7月24日(土) 2 見学先 福島第二原子力発電所(東京電力) 3 移動手段: バス 4 スケジュール 7:30 新宿集合 8:00 出発 11:30 福島第二原子力発電所 到着 12:30 見学開始 14:30 見学終了 15:00 帰り 18:30 新宿駅西口 到着 5 参加人数: 78(予定)現時点の申込者:75人 6 参加費:無料 お問い合わせ先:dangquangduy(at)vysajp.org =======================================…

Continue Readingベトナム人留学生による原子力発電所見学会